看護学校の特色

 看護は「実践の科学」であり、専門的知識・看護技術・基本的態度は、長期の教育・訓練でなければ獲得できないものです。
日鋼記念看護学校では、学生ひとり一人の個性と自立心を大切にした社会の変革に対応し得る看護師を目指し教育を行っています。
3年間の学校生活では、1年次に、基礎的な学習や看護技術演習、ボランティア活動を通して、学生同士の連帯感や探求心を刺激しより良い人間関係の基盤を作り、2年次に専門的学習や臨地実習を通して、多くの方々との出会いの中で、人として、看護者としての人間的成長や看護活動の意義を学び、3年次に、専門分野の臨地実習や看護研究を通して経験した看護の専門性や魅力ある看護を創造する力を身につけていきます。
看護師は「専門職」であり人間の生命の尊厳や社会の法的責務が問われる仕事です。そのため3年の間には、志しに迷い、悩むこともありますが、学生は一人ではありません。
学生の共通の目標は、「理想とする看護師像」を追い求めることです。そのため当校の特徴として、行事だけではなく、授業や実習でも先輩・後輩の交流を深めています。個々人の成長や学生間の団結には、教員や臨床指導者等がサポートします。
さらに、看護学校特有な臨地実習は、隣接する日鋼記念病院が主体であり安心できる学習環境が整備されています。
 一緒に学びませんか?一緒に学びましょう。学生、教員一同心よりお待ちしています。

沿革

明治44年 日本製鋼所職工共済会病院附属私立産婆養成所として設立
大正 8年 日本製鋼所病院看護婦養成所設立
昭和26年 法改正により日本製鋼所病院乙種看護婦養成所と改称
昭和28年 日本製鋼所病院乙種看護婦養成所を日本製鋼所病院准看護婦養成所と改称
昭和39年 日本製鋼所病院高等看護学院として看護婦科(2年課程)を新設し2課程となる
昭和43年 日本製鋼所病院准看護婦養成所並びに日本製鋼所病院高等看護学院を統合し
日本製鋼所病院看護学院看護婦科並びに准看護婦科設立
 
昭和61年 昭和63年3月をもって准看護婦科を廃止することを決定し、昭和62年の募集を取り止める
昭和63年 日本製鋼所病院看護学院を閉校
日鋼記念看護学校看護第1学科並びに看護第2学科開校
 
平成 8年 専修学校専門課程に認可される
平成 9年 専修学校の専門課程修了者に対し、専門士の称号が付与される
平成15年 看護第2学科を閉科し、看護第1学科は看護学科となる
平成16年 看護学科 1学年定員70名

ページトップへ